当サイトのご利用にあたって

知りたい情報を探すには

サイトマップ(m)が当サイトの詳細な目次になっています。 そちらで目的の情報を探してみてください。情報名がありながら目的のページが見付からない場合は、ファイル名の変更や サーバーより削除された可能性もあります。 疑問な点がありましたら送信フォーム(s)」からサイト担当者までご連絡ください。

HTMLの記述について

当サイトのHTMLドキュメントは、 互換性を考慮して、HTML4.01を用いて記述しています。 見た目の体裁としてのデザインにはCSS Level1と2 (カスケーディング・スタイルシート・レベル1と2)を用いて記述しています。

ブラウザはソフトメーカ及びバージョンによって多数存在し、 中にはスタイルシートへの対応が不十分なブラウザもあります。 それら全てのブラウザに対応することは困難ですが、たとえ製作意図どおりに表示されない場合でも、 内容は正確に伝わるようにと心がけています。 また、特定のブラウザにのみ有効な書き方は採用しないよう心がけています。 お使いのパソコン環境が許すようでしたら、ぜひ最新のブラウザをご用意ください。

ページの進み方

どのページを読まれていても、サイトのトップに戻るためのリンクアンカーを用意しています。 画面右上に「トップ」とあるのがそうです。また他のページから来られた場合は、直前のページに 戻るための「前頁」というリンクアンカーを用意しています。この「前頁」がうまく動作しない場合は、 ブラウザのバックボタン、または「Altキー+カーソルキー」を利用してお戻りください。

アクセシビリティについて

音声対応について

当サイトはアクセシビリティの観点から音声ブラウザにも十分留意しているつもりです。

IBMの「ホームページ・リーダーとインターネット・エクスプローラー(以下「IE」という)」の組み合わせ、 「ピーシー・トーカーとIE」の組み合わせ、この二つのセットで音声対応について確認を取っています。

弱視のかたに

当サイトでは基準となる文字サイズをHTMLの文中では指定しておりません。 訪問者が任意のサイズで閲覧できるようにと考えております。 ここで紹介するブラウザは、表示中の文字サイズを 「20%から1000%」の大きさに、自由に拡大縮小できる便利なブラウザです。 次に案内する「最適な文字サイズの設定」をしなくても拡大できる手軽さが魅力です。 無料で使えますので試されてはいかがでしょうか。

最適な文字サイズの設定

OperaまたはIEでは、ユーザーの好みの文字サイズと配色で起動することができます。 サイズや色をユーザー自身で設定したいかたはお試しください。次にIE6を例に文字サイズの設定方法を解説します。
  • まず、配色や文字サイズを指定する「スタイルシート」を用意します。
  • テキストエディタ、例えばノートパッドを開き、次の一行を書きます。
  •  body { font-size: 20pt; } (このポイント数はユーザーの好きなサイズにします。)
  • 拡張子が「.css」の適当なファイル名で保存します。例えば「sample.css」
  • 保存場所は「C:\Program Files\Internet Explorer」とします。
  • IEを起動→ツール→インターネット オプション→ユーザー補助 と進みます。
  • 書式設定の「Webページで指定されたフォントサイズを使用しない」にチェック。
  • ユーザースタイルシートの「自分のスタイルシートでドキュメントの書式を設定する」にチェック。
  • 「参照ボタン」を押し「C:\Program Files\Internet Explorer\sample.css」を指定。
  • OKすると設定が反映されます。反映されない場合はIEを再起動してください。

最適な文字サイズの設定 - 画像つき解説

上にもどる(b)
© sakado psv